読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モチログ

はてなでのブログ

Turbolinux FUJI限定

昨日のwizpyをどうするか。

  1. 別のディストリを入れる
  2. wizpySDKでパッケージを作る

1は現状やってしまうと後戻りができなさそうなので、できるだけ2でやりたい。

しかし、そのためにはTurbolinux FUJIが必要なのだ。

有償ディストリじゃないですか!

なんと言うことだ、詰んでしまった?

しかし、ここで日頃から雑誌に目を通してきた経験がものを言った。

日経Linuxにトライアル版あったべさ。

探した、2006年3月号。

入れた、トライアルできた。

30日くらいで切れる模様。切れた後はばっさり使えないんじゃなくて、アップデートプログラムが使えなくなるみたい。

OSはそのまま使えるわけですね!

とりあえず、アップデートとSDKを入れてみた。

SDKは他のディストリでは依存関係で入らなかったのが、すごくすんなり入って感動。

あとはパッケージングを試してみるだけです!

これは期待。

欲しいもの

vim

rdesktop

openvpn

できればflock(Firefoxで全然問題ないですが、ひいきにしてるので)

やりたいことはわかると思う。

そんな感じです。