読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モチログ

はてなでのブログ

Kindle3で自炊読書環境

iPad2が日本で発売されるのが先かなと思ったので、Kindle3買いました。届いた次の日に、次の日発売するアナウンスが出たのですが。

まぁ、iPadに比べると安いので、ほしかったらiPad2も買えばいいかと考えています。

とりあえずKindleで自炊した本を読む方法をまとめてみました。

全編通して使用したもの
  • Kindle3
  • Windows PC (自分はWindows 7 Pro 32bitを使用しています)
  • ScanSnapS1500 (3年保証にとりあえず入っておきました)
  • カッターマット OLFA A4サイズ
  • OLFA マガジンS型 GOLD (たまたま安売りで買っていたので)普通のカッターで良いと思います
  • OLFA ロータリーカッター 45mm
  • アルミ定規 (アル助 300mm) ほかに使うため自分は600mmを買いましたが、長くて使いにくいので300mmが良いと思います

これさえあればOKです。カッター類の代わりに裁断機でも良いと思います。場所とその分のお金があれば。

スキャン編
1.ScanSnapセットアップ
まずは、ScanSnapS1500付属のソフト(ドライバ、PDFマネジメントソフト、Adobe Acrobatなど)をインストールし、ScanSnapS1500をPCに接続します。
認識されればOK。
2.本の解体
まずカバーをはずし、表紙と裏表紙をカッターで切ります。背表紙はスルーで。
あとは、カッターで3,40ページごとに、カッターで切り離していきます。ページの隙間にカッターを入れ、背表紙ごとばっさり切り離します。慣れればもうちょっと多くてもいいかもしれません。
その後、分割した分だけ、背表紙がくっついている部分をロータリカッターで切ります。ここで、アルミ定規をあててまっすぐ切ります。まっすぐの方が後でスキャンする時にスムーズに行くので、作業スピードが落ちない程度に気を遣いましょう。
これで本はばらばらになったはずです。くれぐれもページの順を崩さないように気をつけてください。
3.スキャン
2,30ページごとくらいずつScanSnapにのせ、スタートボタンを押します。
ScanSnapの設定は以下のようにしました。
  • クイックメニューを使用すにチェックし、カスタマイズを選択
  • 読み取りモード
    • 画質はスーパーファイン
    • カラーモードは自動か、白黒の本なら白黒でもいいかと
    • 読み取りは両面
    • 継続読み取りを有効にしますにチェック
    • オプション: 白紙ページを自動的に削除しますにチェック、それ以外はチェックなし
  • ファイル形式 : PDF
  • 原稿 : サイズ選択:自動

です。詰まったり、2枚重なったりしたら、失敗したファイルを継続してやり直します。失敗した部分は後で編集できます。継続もScanSnapのスタートボタンを押せば継続します。

これで、スキャンは完了です。
Kindle最適化編
下準備として、PDFを一度画像データにします。
スキャンしたPDFをAdobe Acrobatで開きます。
上のメニューのファイル->書き出し->画像で前ページを画像ファイルとして書き出します。
PDFのバアイ
サイト No.722で提供されているChainLPを使います。本当にすばらしいソフトです。感謝。
ChainLPをダウンロードし、解凍します。解凍したフォルダに、zip32j.dll,zip32.dll,iTextSharp.dllをコピー(ダウンロードリンクなどはNo.722参照)。
ChainLPを起動し、解像度で、持っているKindleのバージョンを選択します(自分はKindle3)。
右の入力で先ほどPDFから画像を出したフォルダを指定し、出力をPDFにチェック。
あと、綴じとか設定を変更があれば変更(Kindleでは少し色が薄いので、ガンマ補正の値を少し上げるといいと思います。1.8くらいかな)し、出力ボタンをクリックすればOKです。
できたファイルをKindleに転送すれば読めます。
コミックのバアイ
上と同様ChainLPでPDF化して十分満足な出来なのを確認しましたので、コミックもPDFと同様の手順でOKです。
Mangleをダウンロードします。Pythonが必要っぽいので、Pythonをインストール
準備ができたらMangleを起動し、起動した窓にPDFから画像に変換したファイルが入っているフォルダをドラッグアンドドロップ
あとはギアマークのアイコン(Export)をクリックし、タイトル入力、Kindle使用しているKindleを選択し、OKボタンを押してどこに保存するかを選べば完了。
できたフォルダをKindleに転送すれば読めます。