読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モチログ

はてなでのブログ

Tracつかってみる

まえまえから気になっていた足跡ツールTracを入れてみた。

TracとはWikiSubversionのレポジトリブラウザ、バグトラッキングが1つになったプロジェクト管理ツールだという認識。

独り身であっても便利なはずだと思い、入れてみることにしたのであった。 環境はいつも通りDebianでバージョンはetch。 すでに、ApacheSubversion入っている感じで進めていきます。

参考にしたサイトは玄箱+debian-etch+trac-ja。

ではさっそく張り切って行く。

必要パッケージをいれる

apt-get install python python-dev

apt-get install python-xml python-subversion

apt-get install sqlite3

apt-get install python-pysqlite2

apt-get install python-clearsilver

apt-get install libapache2-mod-fcgid

apt-get install libapache2-mod-python

trackインストール

# apt-get install trac

これでインストールは完了。 次に、プロジェクトのデータを作る。 使い方によるが、大体、作るもの1つに対して1プロジェクトかな?

tracのルートの場所にディレクトリ作成。

今回はユーザのpublic_htmlに作ってみた。ここではユーザ名をhogeとしています。 $ mkdir /home/hoge/public_html/trac

プロジェクトのデータ生成

$ cd /home/hoge/public_html/trac hogejectというプロジェクト作成(ディレクトリ名です) //以降はコメントですので入力しないでください。 $ trac-admin hogeject initenv [My Project]> Hoge Project //プロジェクト名の入力 Database connection string [sqlite:db/trac.db]> //そのままEnter Repository type [svn]> //これもそのまま Path to repository [/path/to/repos]> /home/hoge/hogesvn //プロジェクトで使用するSubversionのディレクトリパス Templates directory [/usr/share/trac/templates]>  //そのままでOK

権限変更

chmod -R 777 /home/hoge/public_html/trac //ここはちょっと危ないが自分利用のみなので妥協。気になる人は調べてね。

Tracのユーザ作成と権限設定

$ trac-admin hogeject permission add hoge TRAC_ADMIN //hogeにadmin権限 hogeは適宜置き換え $ trac-admin hogeject permission remove anonymous CHANGESET_VIEW FILE_VIEW LOG_VIEW REPORT_SQL_VIEW SEARCH_VIEW TICKET_CREATE TICKET_MODIFY TIMELINE_VIEW WIKI_CREATE WIKI_MODIFY //anonymousユーザに編集権限を無くす。あとこれは一行です。 $ trac-admin hogeject permission list //設定した権限の確認

Apache設定

<directory /home/hoge/public_html/trac> AuthType Basic AuthName "Trac User" AuthUserFile /etc/apache2/.tracpasswd Require valid-user SetHandler mod_python PythonHandler trac.web.modpython_frontend PythonOption TracEnvParentDir /home/hoge/public_html/trac #自分の環境に合わせる PythonOption TracUriRoot /~hoge/trac #同じく </directory>

ApacheBasic認証のパスワードファイル生成

# htpasswd -c /etc/apache2/.tracpasswd hoge New password: //パスワード入力 Re-type new password: //再入力 Adding password for user hoge

これで設定完了。 あとの細かい設定ファイルは、 /home/hoge/public_html/trac/hogeject/conf/trac.ini にあるのでちょこちょこ修正する。

あとは使うのみ! 日本語化はしない方向で。