読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モチログ

はてなでのブログ

HDDの不良セクタを発見する S.M.A.R.T.

SeagateのHDDファームウェア不良問題でちょっと怖くなって調べてたらこんなんあった。

定期的にHDDをチェックしてくれるツールもあるみたいだ。

さっそく入れてみた。

環境はDebian lennyですが、大体同じような感じだと思います。

インストール

#apt-get install smartmontools

設定

/etc/smatrd.conf を編集。 DEVICESCAN とある行をコメントアウト(行の頭に#) あとはチェックしたいHDDの設定を書けばOK /dev/sda1 -d ata -H -m root@localhost

/dev/sda1はチェックしたいHDDを指定する。dfコマンドで見ればわかると思います。 SATAの場合は-d ataオプションをつけるようです。 詳しいオプションはマニュアル参照で。 最後に不良セクタが見つかった場合のメール送信先指定となっています。

次に/etc/default/smartmontoolsの設定。次の2行のコメントアウトを消す。

start_smartd=yes smartd_opts="--interval=1800" #86400で24時間らしい

intervalの間隔は適当に設定してください。単位は秒っぽいですね。

これで設定は完了したのでデーモンを再起動します。

# /etc/init.d/smartmontools restart

ちゃんとメールは送られてくるだろうか…。

あと、手動でチェックする方法を。

smartctl -a /dev/sda1

これでチェックした全ての情報を表示します。 詳細オプションはman smartctlで確認できるので、それを参考にすれば良いかと思います。