読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モチログ

はてなでのブログ

KVMスイッチは逆でも可能なのか?

KVMスイッチ(Keyboard/Video/Mouse switch)は複数のPCを一台のディスプレイで使用する際に便利である。

しかし、現在、ディスプレイの方が多い。

普通は、ディスプレイに一本出力して、複数のPCから入力を受けるようになっている。

これを、逆に接続して、1台のPCから出力して、複数のディスプレイにたいして、切り替えて出力できるのか?

そんな疑問が湧いてきた。

そして、それを実現すべく、ディスプレイにD-subのケーブルを挿そうと思ったら、なぜかささらない…。

FlexScan L360は専用のケーブルを使って、D-subのケーブルに変換しているみたい。

仕方がないので、

を購入して、メスメスでメスに変換して対応。

これで、ダメだったらへこむんですけど。。。

とにかく、以前ソフマップで大安売りしていた

をつなげてみた。

本来ならPCに接続するはずの2またのケーブルをディスプレイに、本来ならディスプレイに接続するはずのケーブルをPCに。

で、わくわくしながら、起動。じゃーん。と言ってください。

で、無事にディスプレイに表示された。

しかし、このKVMキーボードでのショートカットによる切り替えのため、かならず、キーボードをこのKVMに接続して使用しなければならない。だが、ディスプレイにケーブルを挿しているので、USBを接続PCに挿しにくい。

EIZOFlexScanは、USBハブ機能がありさらに、PCに近い位置に置いてあるので、PCに接続可能である。

しかし、もう一つのディスプレイは、結構PCから離れた位置にあるので、こちらに出力した際には、キーボードが効かない(切り替えはできる)。

まぁ、こっちのディスプレイはSnergyつかってそうさするので、切り替えさえできれば僕は満足です。

と言う注意点でした。

しかし、このバッファローKVMMacで使う分には良いですが、Windowsだと、C-vとか打った後に切り替え待機になっていた(多分キーボードとの相性の問題)ので、ちょっと使いにくかったです。